トップ

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このページのトップに戻る

コーチ・パットのお肉たっぷりビスケット&グレービー Coach Pat's Biscuits and Gravy

2013年10月16日

DSC_6051 (400x267)



先週末、近所のカフェまで朝ごはんに出かけました。
photo_201310161147314b2.jpg


娘が注文したのはビスケット&グレービー「大好物なんだ~」とか言っていますが、我が家では作ったことがありません。どうやら友達の家でご馳走になったよう。娘が泊まりに行くと、友達のお父さんが毎回はりきって朝ごはんを作ってくれるそうです。


その大好きなビスケット&グレービー、カフェでは全然箸(じゃなくってフォーク)が進まず。「どうしたの?食べなよ」と言ったら「コーチ・パットのビスケット&グレービーと全然違う」とかつぶやいています。しょうがないから、私のパンケーキを半分分けてやりました。


そもそもビスケット&グレービーは前日の残りのグレービーか、朝に焼いたベーコンの油で作ったグレービーをビスケットに掛けて食べる、ずばり残り物ご飯。あんまり美味しいものではないと思うのです。南部のアメリカンな食べ物ですが、不健康そうなので避けていました。


すごく美味しいと娘が言ったコーチ・パットのビスケット&グレービー。早速彼に電話して作り方を聞きました。

1:ポークソーセージか豚ひき肉をバターでいためます。
2:玉ねぎをみじん切りにして加え、透明になるまでよく炒めます。ガーリックソルトで味付けします。
3:牛乳を注ぎ、煮立つ直前に小麦粉を振り入れとろみをつけます。
4:焼きあがったビスケットに掛けます。

分量は適当でいいそうです。


「肉!肉!」と騒ぐボーイズ用に、お肉たっぷりグレービー(というかクリーミー・ミートソース?)にしました。彩にパセリを振って、お味はどうでしょう。
DSC_6055 (267x400)


やっぱりコーチ・パットが作る方が美味しいけど、レストランのよりは何倍も美味しいとのことでした。ふーん。食べたことのない私は、よく分からず。ボーイズはおかわり!


コーチ・パットに負けない味になったらレシピを書き出します。次は、ビスケットを手作りしてみよう。



紅葉がきれいな季節になりました。
DSC_8692 (400x266)

DSC_8682 (400x266)

このページのトップに戻る

ハロウィンの準備中 Getting Ready for Halloween

2013年10月13日



ハロウィンのコスチューム制作現場。




さ~そろそろお終いにして下さい。
サッカーゲームの時間です。

このページのトップに戻る

チーズ・プルアパートパン Cheesey Pull Apart Bread

2013年10月05日

DSC_6030 (267x400)


ちょっと前まで何を作ろうかな~と思う時はお気に入りファイルのサイトを見ていましたが、最近はピンタレストを覗いています。クラフトアイディアもピンタレスト、ファッションもピンタレスト。


今日はピンしてあったレシピを見ながら、ちょっとアレンジも加えてチーズパンを作ってみました。


<材料>
大きなパン ・・・1

玉ねぎ ・・・1/2個
マッシュルーム ・・・10~20個(適当)
バター ・・・大さじ1+3

チーズ ・・・150~200g
タイムかイタリアンスパイス ・・・適量
青ネギ ・・・2~3本



<作り方>
1) 下まで切らないように、パンに縦横の切り目を入れます。


2) 玉ねぎをみじん切り、マッシュルームをスライスして、バター大さじ1で炒めます。適当に塩こしょうで味を付けます。


3) 大さじ3のバターを溶かし、パン全体にハケで塗ります。切り込みの内側にもちょんちょん。


4) 炒めた玉ねぎとマッシュルームを切り込みに押し込みます。チーズも押し込んで、タイムと刻んだネギを上から振りかけます。
DSC_6023 (400x267)


5) ホイルで全体を包んで180℃のオーブンで15分焼き、ホイルをはがしてさらに10~12分焼きます。


できあがり~。
DSC_6046 (267x400)


美味しそうでしょう~。
DSC_6038 (267x400)


子供たちがすごい勢いで食べました。お父さんの分も食べちゃったって?
私も一口しか食べられなかったので、次回はハラペーニョ入れて大人用を作ろうっと。
DSC_6049 (266x400)





息子のサッカーチーム絶好調!
Blasters 9-29-192 (400x320)


娘のチームのサッカーゲームを林から覗きにきた野兎。
DSC_5133 (400x267)



このページのトップに戻る

キノコとほうれん草のクレープ Cafe Javasti

2013年09月28日



9月に入ってから毎朝、仕事開始前に30分間公園を歩くことにしています。雨はさぼる理由にしない!と決心。一度だけお休みしてしまったけど、三日坊主にならずに続いています。


私の瞑想&お祈りタイムでもあります。歩くことで集中力が増して仕事の効率が良くなることに気が付きました。子供が帰ってからが大忙しなので、頭がフレッシュな午前中にガーっと仕事を片付けて、午後はリラックスして仕事をしたり家事をしたりしています。


昨日は散歩中、キノコを沢山発見したので面白いものだけを携帯でパチリパチリ写真を撮りながら歩きました。





これ写真の発色がよくありませんが、実は蛍光黄色の縁どりでかっこいい。




これは葉っぱとのコーディネートよし。




これは絞り出しクリームのよう。う~ん美味しそう。




下ばっかり見ていないで、上を見ると木の幹にもキノコが生えています。ナメクジも木登りをするとは知らなかった。



花と思うほどゴージャス。ライム絞って食べちゃいたい。



これは一体?何者?



このキノコ毎年同じ場所に生えるんです。



旬のキノコ。クレープで頂きましょう。



ここのカフェ、コーヒーが美味しくって気に入っています。娘のホットチョコレートの生クリームも程よい甘さでGood!スタバみたいに缶のクリームをシューッじゃないんですよお。
photo.jpg


Cafe Javasti
是非行ってみて下さい。


このページのトップに戻る

梨サラダとブッククラブ A Book Club Meeting

2013年09月25日

DSC_5588 (400x267)


今月のブッククラブは、友達の湖の家でお泊り会。キャビンって言うから、小さな山小屋を想像していましたが、ベッドルームが四つにリビングルームが二つ、バスルームが三つの大きな家でした。目の前は湖で夏はボートを出してジェットスキー、冬はスキーやスノーシューをして遊ぶ週末の別荘。外に大きなジャグジーもありました。


今月読んだ本は「Warriors Don't Cry」by Melba Pattillo Beals。舞台は1957年リトルロック・アーカンソー。今年はキング牧師のスピーチの50年記念ですが、このストーリーはさらにその6年前の話。人種差別戦争の最前線に立たされた高校生の話です。アメリカ人だったら全員が読まなければならない本、アメリカに住む日本人としても必読です。


昼間はカヌーに乗ったり、散歩をしたり。私は釣り糸を垂れてみましたが収穫なし。夕飯に友達がケールサラダを作りました。ケールに、梨、クランベリー、玉ねぎ、ミント、フェタチーズにナッツの入ったサラダ。ドレッシングはオリーブオイルとワインビネガーにハチミツとライムです。健康的で味もよし。
DSC_5592 (267x400)


メインはお醤油・メープルシロップ・しょうが・ねぎで味付けしたサーモンをグリルで焼きました。
DSC_5595 (400x267)


マルガリータで乾杯して夕食です。遅くまで飲んで喋ってジャグジーに入って、寝たのは12時過ぎ。
DSC_5601 (267x400)


翌日は、Rachel Lakeまでハイキング。ちょっと曇り気味だけど出発。案の定、途中から雨に。せっかくここまで上ったから湖まで歩こう!と頑張った私たち。
DSC_5606 (267x400)


合計12キロ歩きました。止まると寒いので、折り返し後は走るようにして山を下りてきました。キャビンで熱いシャワーとホットチョコレートで体を温めてから帰ることにしました。


久しぶりに家族から離れて友達と過ごす週末。電話も掛かってこなかったし、子供たちもお父さんと外食して映画を見て楽しんだ様子。


いいぞ~!子供が大きくなったことを実感。次回は、小旅行でも大丈夫そう。





このページのトップに戻る

Battle of the Year オープニングナイト Movie Night

2013年09月21日

今日は、ダンス映画「Battle of the Year」のオープニングだって。

ダンス友達と。

このページのトップに戻る

チーズポテトスープと先生からのメッセージ Cheesy Potato Soup and The Message from Carol S. Dweck, Ph.D.

2013年09月19日

DSC_5178 (267x400)


昨夜は娘の小学校でオープンハウスがありました。毎年恒例行事。オープンハウスは新学期が始まって行われる学校行事の一つで、先生と顔合わせをし、授業方針を聞いたり教室内見学をする日です。

そこで娘の先生からとても興味深い話を聞かされました。それは「これから中高校・大学で勉強する子供に“あなたは頭いい。You are smart”と子供に言わないで下さい」というご指導。えっ?アメリカって褒めて褒めて子供を伸ばすんじゃないの?

目からウロコとはまさにこのこと。なぜかって?「You are smart」と言われて育った子は、失敗に挫けてしまうことがよくあるそう。小学生時代に出来ないクラスメートを見て「自分は彼らと比べて出来る」という偏見や差別意識を持つことはとても危険なことだと言います。学年が上がるにしたがって生徒数も増えます。中学・高校に入った途端やる気がなくなる子供の典型的な例が、頭がいいと思っていて努力をしなかった子供なんだそう。

テストで高得点を取った子供に「頭いいね」と「頑張れば何でもできるね」という二つの褒め方をします。どちらが伸びると思いますか。それは「頑張れば何でもできるね。よく頑張ったね。」という言葉を聞いてきた子供だそうです。

「頭いいね」と言われて育った子供は失敗や困難に立ち向かう力が弱く、「頭がいい」=「高得点」という尺度がインプットされ、難しい問題に挑戦する意欲を持てないというのです。勉強だけではなく、スポーツや仕事、人間関係、人生のあらゆる面で壁にぶつかっても「自分は問題解決をする力がある」「壁を乗り越えられる」「やればできる」というマインドセット・意識を持つことが人生の成功の秘訣だと説くCarol S. Dweck Ph.D.の研究結果を娘の先生が教えてくれました。

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。The Secret to Raising Smart Kids

先生は、来年中学校に行く生徒たちに「どんなことでもやればできる!」「挑戦するのは楽しい!」という意欲を身に付ける一年間にしたいと言っていました。勉強するのを習慣づけるために宿題は毎日。電話はいつでもOK。毎日授業参観日でいつでも教室に来てくださいとのことでした。いい先生に担任になってもらえてよかった。

来週は、息子のオープンハウスです。



さて、涼しくなってきたシアトル。雨も戻ってきました。スープの季節になるな~と思っていたところ、FBで友達が美味しそうなスープの写真を載せていました。早速レシピを入手。こちらを元に作ってみました。

オリジナルレシピには、材料を放り込んで煮込むだけとありますが・・・それはできないな~。せめて野菜は炒めてから鍋に入れたいぞ。ということで、私のアレンジはこちらです。


<材料>
玉ねぎ・・・ 1個
セロリ・・・ 1本
人参・・・ 1本
油・・・ 少々
小麦粉 ・・・大さじ3

冷凍ハッシュポテト角切り(Southern Style Diced) ・・・ 一袋
チキンスープ・・・ 1リットル
水・・・ 1カップ

牛乳・・・ 1+1/2カップ
溶けるチーズ(チェダー)・・・ 約200g
刻みパセリ・・・ 適量

DSC_5163 (292x400)


<作り方>
1) フライパンに油を入れて中火にかけ、野菜を刻み炒める。玉ねぎが透明になってきたら小麦粉を振り入れる。
DSC_5167 (400x267)


2) 鍋に1)の野菜とチキンスープに水、解凍したポテトを一袋入れ煮込む。
DSC_5170 (400x267)


3) しばらく煮込んでポテトの角が取れたら、チーズと牛乳を加える。チーズが溶けて再び煮立ったらパセリを加えて火を止める。


わ~簡単。子供が好きな味。よく食べてくれました。
DSC_5182 (334x400)





このページのトップに戻る

手書きレシピとA1ソース Hand Written Recipe and A1 Sauce

2013年09月12日

DSC_8657 (400x267)


手書きレシピ・・・  嬉しくなっちゃう物の一つ。


近所のおじちゃんがご自慢ビーフシチューを持って来ました。美味しかったので「レシピちょうだい」って言ったら、その日のうちにこの手書きレシピを届けてくれました。嬉しいな~!


作ってみましょう。でも、レシピに我が家の冷蔵庫にない調味料が記載されています。A1ソース。
L1130379 (266x400)


「A1ソース貸して~」おじちゃんの家に走って行きました。私が「I don't have one.」って言ったら、「Oh, my!」と驚かれました。「I have never tasted it before.」って言ったら「Where have you been?」って。

アメリカの家庭の冷蔵庫には、ケチャップ&マスタードと並んで必ずA1ソースが入っているはずだって。「これがなくって、どうやってステーキを食べるの?The best steak sauceだよ」とおじちゃん。「いえいえ。The Bestステーキソースはソーイソースですっ」と言っておきました。
DSC_8647 (267x400)



話変わって。たま~にですが、我が家のガラスに鳥がぶつかり追突死亡事故があります。死んだ鳥は、たとえ手袋しても触れない私。息子も嫌がります。夫もしぶしぶ。

娘だけは「あ~、鳥ちゃんかわいそう!」とか言いながら目を輝かせてやってきます。いつもは空を飛んでいる鳥を間近で見る機会なんてそうそうありませんから。ましてや触れるなんて。

土に穴を掘って埋めるまで、手に取ってよ~く観察します。羽を広げたり足を動かしたりして遊んでいます。
DSC_4589 (287x400)


小さい頃から虫もヘビも、なんでも大好きな娘でしたが、そんな娘が「きゃー!」というのはクモだけ。ただ今クモの季節。へへん、私はへっちゃらのクモ。大きいのが家の地下に出ますよ~!ブログに写真UPをご希望の方はお知らせ下さい。




このページのトップに戻る

キャラメルソース Caramel Sauce

2013年09月08日

DSC_4272 (267x400)


今週は新学期が始まり忙しくって畑に出る時間がなかったのですが、昨日の夕方雨が止んだので外に出てみました。今年の夏は雨が少なく暖かかったせいか、トマトが大豊作。ほら~!
DSC_4273 (267x400)


Back to School...初日から宿題があった子供たち。平日は宿題に息子はサッカー、娘はサッカーにソフトボールの練習もあり、毎週末は試合があります。

もう海で遊んだりハイキングに行く時間は無くなっちゃたな~。ちょっと悲しい。私もBack to Work、仕事にエネルギーを注ぐことにします。



今回は息子のリクエストによりキャラメルソース。参考にしたオリジナルレシピは新聞の切り抜きですが、こちらからどうぞ。


<材料>
砂糖 ・・・200g
水 ・・・120cc
生クリーム ・・・100cc
バター ・・・大さじ2
バニラエッセンス ・・・少々


<作り方>
1) 鍋に砂糖と水を入れて中火にかける。キャラメル色になったら、火を弱めて生クリームを少しずつ加える。

2) よく混ぜて、バターとバニラエッセンスを加えて火を止める。



温かいうちにアイスクリームにトロトロ~。
DSC_4265 (267x400)


冷めてから、リンゴでチョンチョン。
DSC_4281 (302x400)


学校にも持って行くって。





このページのトップに戻る

ベイカー山で遊ぶ Dock Butte, Blue Lake, Watson Lakes Near Mt. Baker

2013年09月04日

DSC_4111 (400x267)


夏休み最後の週末はLabor Dayの三連休、ベイカー山へ遊びに行ってきました。


娘がガイドブックとグーグルを使ってハイキングトレイルを選びました。一日目、釣りと水遊びが目的の娘が選んだのはDock ButteにBlue Lakeです。

お天気のいい夏休み最後の週末というのにDock Butteトレイルで出会ったのは3組だけ。こんなきれいなのに、なんでみんな遊びに来ないのかな~?
DSC_4098 (400x267)


結構登りますが汗を流す価値ありですよ~、この眺め。
DSC_4123 (267x400)

DSC_4105 (400x267)


お弁当のサンドイッチを食べてからBlue Lakeへ下りて行きます。
DSC_4121 (400x267)


ブルーレイクまでの道のりは楽々。娘がバシャバシャ泳ぐので息子が一匹釣っただけでしたが、魚は沢山いました。
DSC_4133 (267x400)


翌日はWatson Lakesへ行きました。ベイカー湖沿いのガタガタ山道を登ります。こんな山道来る人いる?と思ったら駐車場には15台ほどの車が。

トレイルの入り口から一面のマウンテンハックルベリー。食べてばかりで進めない娘。
DSC_4161 (267x400)


トレイルはよく整備されています。
DSC_4168 (267x400)


きつい登りの後は、この風景が待っています。
DSC_4179 (267x400)


でも目的地は下・・・今度は下り。


娘は小川を下って行くことにしたようです。
DSC_4204 (400x267)


お~い!
DSC_4206 (267x400)


湖が見えてきました。
DSC_4209 (400x267)


おお~きれい!
DSC_4219 (400x267)


湖の周りもベリーだらけ。
DSC_4208 (267x400)


泳ぐ場所を探す娘。「あそこの島に行く!」って。
DSC_4223 (400x267)


「やっほー!」着きました。
DSC_4226 (400x267)


しばし水遊びタイム。氷のように冷たい水なんですけど。
DSC_4231 (400x267)


暗くなる前に山を下りないと。往復8km強歩きました。汗かいてヒーヒーの私、散歩程度にしか思っていない息子。体力つけなきゃ。


今回の旅の宿泊先はRasar State Parkでキャンプ。なかなかいい場所でした。ハイキングの後は3分50セントのシャワーがありがたい。
DSC_4149 (400x267)


翌日はキャンプ場沿いのSkagit Riverで遊びました。


川下りする娘、
DSC_4245 (400x267)


釣りをする息子。
DSC_4251 (400x267)


もう一か所行きたかったトレイルがあったのですが、食料が尽きたので帰ることにしました。



次回はカナダ国境近くベイカー山の北側を歩きたいな。来年はオリンピック半島とオレゴン州を歩きたいな。


夏休みバイバイ!

このページのトップに戻る

  1. 前のページへ
  2. トップページに戻る
  3. 次のページへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。