トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  Everyday アメリカ生活  >  アメリカ学校給食&お弁当事情

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウチョのカップケーキ Butterfly Cupcakes | トップページへ戻る | ベイクドパスタ Baked Rigatoni

このページのトップに戻る

アメリカ学校給食&お弁当事情

2010年02月26日



lunchtime.jpg


娘の学校は小さいのでカフェテリアがありません。ランチタイムは教室で食べます。給食を買う子供は「キッチン」に行きトレイに食べ物をのせ教室まで運びます。その光景をみると毎回落とさないかひやひやします。

昨日はランチタイムのお手伝いに行きました。カメラを出したら「私も撮ってー!」と子供たちが言ったのでみんなのランチを撮影してきました。お菓子率の高いアメリカのお弁当にいつもびっくりさせられます。「これじゃお腹がすくよ。」と思うのは私だけなのでしょうか。




lunch7.jpg



013.jpg



lunch2.jpg



lunch4.jpg



lunch5.jpg



lunch6.jpg


lunch1.jpg
FC2 Management

チョウチョのカップケーキ Butterfly Cupcakes | トップページへ戻る | ベイクドパスタ Baked Rigatoni

このページのトップに戻る

コメント

ええ〜っ!これがお弁当?
本当におやつだよねえ。
家でのごはんもお昼はこんな感じなのかな?
多少は想像してたけど、実際に写真を見て
ぶっとびました。
いつか日本のお弁当事情、特に幼稚園あたりをアメリカの人にみせたいね。

うちの子供たちに見せたら。「いいな〜。すっごいおいしそう〜v-10v-10v-10といってうらやましがってましたv-16

chiezoさん

アメリカの将来が危ういと感じませんか。

ミッシェル・オバマさんの子供肥満対策も応援したいのは山々ですが、食への意識改革からしないと無理ではと思っています。

先々週のお弁当の時間では、ブロッコリーとにんじんを生で持ってきていた子が、デザートのクッキーだけを食べて野菜を捨てていたのを見て胸が痛みました。「食べなさい」と言ったけど、あっさり「食べたくない」って言われたよ。子供の健康に気を使っているお母さんの気持ちがゴミ箱へ入っちゃったようで悲しかったです。

こちらでは食べ物を無理に食べるのは肥満の原因とかで、残り物をポイポイ捨てます。日本では?おにぎりを平気で捨てられる子供っていないよね。

これがお弁当?

これだけなんですか?
日本のように作る方はいないのかな?

ラクチンでいいような気もするけど・・・(^^;)

コメントの編集

idems5さん

ラクチンです。パンにピーナッツバターとジャムをはさむだけ。

娘は時々おにぎりを持っていきます。先生が娘の巻き寿司をみて「I love sushi!」と言ったとかで、お寿司の日はお弁当が楽しみなようです。

息子は毎日サンドイッチに飽き飽きで、夕飯の残りをタッパーに入れて持って行く日もあります。電子レンジが教室にあるのでスープなども持って行きます。息子のクラスではスーパーで買ったカルフォルニアロールを持ってくる子、インスタントのパットタイヌードルを持ってくる子、チーズソースを温めてナチョスにする子もいるそうです。

おにぎりを持っていって「気持ちわる〜い」といわれた日本の子もいるかと思えば、キムチご飯をお弁当で平気で食べている韓国の子もいるようです。

はあ〜。すごい世界だね。お母さんの気持を捨ててしまう子供もそうだけど、お母さんも生のままでなく、せめてゆでてドレッシングぐらいかけてあげるとか。
日本では食育ブームで、不景気でおうちご飯が当たり前とはいえ、それでも家で調理する人が減っているとか言われてますが。
この子供たちが家で何を食べてるのか知りたいわ〜。

初めまして。

玲舫先生のブログに、ときどきお邪魔しております。


ご投稿を拝見し、伺いました。


僕も昔、ボストンで仕事をした事がありますが、

日本人のまかない食に米国人たちは感動しきりだったのが印象的です。


また、

日本で米国人のお子さんが持たされていたお弁当が、

やはり“お菓子+野菜まるごと”のレベルであり、

こちらが巻き寿司と揚げ物のお弁当から少しお裾分けしてあげますと、

“日本人はいつもそんなに豪華なお弁当なの!?”

と驚いていました。



われわれ日本人が普遍的に持つ意識を、少しでも学んでいただけたら、と思います。


米国人の小学生たちが、日本語教育を存続する重要性を、幼いながらに訴えている旨、耳に致しましたが、

私達が彼らに着目してあげ、また何らかの支援が向けられれば、

彼らこそが将来の、日本的美点の継承者・日本の弁護者となってくれる気がしてなりません。


……アメリカン・フードも、たまにいただくとなかなか悪くございません。

ヴェジミート(大豆肉──私は非・肉食主義者です)のハンバーガーとか、メチャメチャ感動してしまいました!!(笑)

コメントの編集

OhLaLaさん

コメントありがとうございます。シアトルが親日(アジア)的な街ということが息子が持っていくおにぎり&寿司弁当へのクラスメートの反応からうかがえます。「おにぎりに文句をつける子がいたら“イチローだって食べている”といいなさい」と教えましたが、そんなこと言う必要もありませんでした。日本の文化に興味を持つ子供も多くいます。

異文化に対してアメリカ全国、いいえ世界全体が理解を深めてくれることを願います。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。