トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  Pasta and Rice パスタとごはん  >  フェットチーネ アルフレードソース Fettuccine Alfredo

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クマ36頭の型抜きクッキー Sugar Cookies | トップページへ戻る | ピザの生地 Pizza Dough

このページのトップに戻る

フェットチーネ アルフレードソース Fettuccine Alfredo

2010年01月26日

アルフレード

あまり冒険しない息子はレストランでも大抵同じものを頼みます。イタリア人が経営している近所のイタリアンレストランではカルボナーラ。ちなみにこのカルボナーラはOff the Menuメニューに載っていない一品で、息子が来ると店の人が「いつもの?」と聞いてくる。私だってよく行くスターバックスで「いつもの?」と聞かれたことはないのに。

同じイタリア料理でもファミリーレストランではフェットチーネ・アルフレード。だってカルボナーラがないから。「たまには違うものを食べようよ。お母さんが作るアルフレードのほうが絶対美味しいから。ねっ。」ということで、息子が頼んだものはピザ。つまんない。

このアルフレードは、バター&生クリーム&パルメジャンチーズのソース。なぜあまり作らないかって?そりゃーカロリーがすごそうだから。バターをやや控え、生クリームの半分を牛乳にして作ることにしました。あれば生パスタで作ることをお勧めします。味に深みを出すためにガーリックと玉ねぎを加えました。チーズが固まってこないようにお皿を温めてからパスタをよそってください。



<材料> メインディッシュとして二人分
生パスタ(フェットチーネかリングイネ) ・・・250g(もちろん乾燥パスタでも)
バター ・・・大さじ2
ニンニク ・・・1かけ
玉ねぎのみじん切り ・・・大さじ2
生クリーム ・・・1/2カップ
牛乳 ・・・1/2カップ
塩・こしょう ・・・適量
パルメジャンチーズ(削ったもの) ・・・1カップ

*お好みでオレガノやバジルなどのイタリアンスパイスを少々



<作り方>
1) 鍋に湯を沸かしパスタを茹でる。

2) パスタを茹でている間に、フライパンにバターを入れ火にかける。バターが溶けたらみじん切りにしたニンニクと玉ねぎを加えて、焦がさないように火を弱めて炒める。

3) 玉ねぎが透明になったら生クリームと牛乳を加え、塩・こしょうで味を調える。(チーズの塩味が入るので塩の加減を調節して下さい。)

4) パスタが茹で上がると同時にチーズを加え、すぐにパスタを加えてソースを和える。
アルフレードソース


簡単ガーリックブレッドと一緒にどうぞ。




参加中!


にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

クマ36頭の型抜きクッキー Sugar Cookies | トップページへ戻る | ピザの生地 Pizza Dough

このページのトップに戻る

コメント

こんにちは。
先日はコメントありがとうございました。
シアトルにお住まいなのですね。

こういう乳製品たっぷりのソースって、寒い時期は美味しくいただけるソースですよね。
大人の私達から見ると、カロリーのことが頭に浮かんでしまうけど、食べ盛り動き盛りのお子様には良いですよ!(笑)

アメリカンなお料理も美味しいものがたくさんありますよね。
リンク私もさせていただきますね。これからもどうぞよろしく。

コメントの編集

同じもの好き

へぇ〜、息子君は、同じものしか頼まないってしらなかったわ〜。でも、私もあんまりチャレンジャーじゃないので同じものを頼むの多いかも。でも、裏メニューを頼むなんて素敵だね。都会のイタリアンって、南部のイタリアンと違っておいしそう〜。

Yukakoさん

私のレシピはアメリカ風なんちゃってイタリアン料理が多いと思うのですが、どうでしょう。本場の味を学びにYukakoさんのサイトに訪問します。

えつエモンさん

そうですか。私は食べたことないものが食べたいタイプなんです。美味しいイタリアンレストランがあります。遊びに来て〜。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。