トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  Cookie クッキー  >  クルミのスノーボールクッキー Walnut Snow Ball Cookies

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッキー交換会と羊毛フェルトのアクセサリー Cookie Exchange and Felt Balls | トップページへ戻る | キングランチキャセロール King Ranch Casserole

このページのトップに戻る

クルミのスノーボールクッキー Walnut Snow Ball Cookies

2011年12月20日




先週、娘(小学4年生)のクラスでは外国の祝日というテーマでプレゼンテーションがありました。生徒それぞれ自分で調査する国を決めます。娘はみんなから「日本について調べるんでしょ。」と言われすぎたので、反発して選んだ国はギリシャ。なぜギリシャ?理由は不明。
040_01_20111220131601.jpg


学校の図書館で本を借りて読み、インターネットを使ってリサーチをします。発表はビジュアルが大切。調べた内容はポスターボードに張り出すか、スライドショーにします。
034_01_20111220131602.jpg


そして、各国の伝統料理や工芸品、遊びなどを発表します。娘が作ったのはギリシャのクリスマスクッキー、クラビエデスのクルミ版。
038_01_20111220131602.jpg


こちらはドイツのクリスマスパン。名前は何だったけ?聞いていないのがバレバレの私。
041_01_20111220131715.jpg


ルーマニアのミートボール。
032_01_20111220131603.jpg


パチパチパチ。みんなよく出来ました。


同じようなクッキーがメキシコにもあります。アメリカでもクリスマスクッキーとしてよく登場するスノーボールクッキー。作り方を紹介しましょう。


<材料> 48個分
ナッツ(くるみ・ピーカン・アーモンド・ピーナッツなど) ・・・160g
小麦粉 ・・・400g
ベーキングパウダー ・・・小さじ1
塩 ・・・小さじ1/2
バター ・・・200g
粉砂糖 ・・・100g
卵 ・・・1個
ブランデー ・・・大さじ2

まぶす粉砂糖 ・・・適量


<作り方>
1) ナッツをトースターで約4~6分間ローストする。冷めたら半分はフードプロセッサーなどで粉にし、半分は包丁で荒く砕く。
046_01_20111220131710.jpg


2) 小麦粉、ベーキングパウダー、塩を合わせてふるっておく。粉にしたナッツを粉類に加える。
047_01_20111220131756.jpg


3) バターと粉砂糖をボウルに入れ白っぽくなるまで混ぜ、卵とブランデーを加えてよく混ぜる。粉類と刻んだナッツを加えてよく混ぜる。
048_01.jpg


4) 大さじ1.5~2ほどの量をスプーンですくって丸め、オーブンペーパーを敷いた天板の上に並べる。生地を軽く押える。
043_01_20111220131714.jpg


5) 180度のオーブンで18~20分焼く。


6) 粗熱が取れたら粉砂糖をまぶす。
045_01_20111220131714.jpg


出来上がり。
033_01_20111220131603.jpg


息子の「王様と私」のショーが閉幕しました。2ヶ月弱、一緒に過ごしたクルーとお別れ。とてもいい経験になりました。
King and I_01



参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログ シアトル・ポートランド情報へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

クッキー交換会と羊毛フェルトのアクセサリー Cookie Exchange and Felt Balls | トップページへ戻る | キングランチキャセロール King Ranch Casserole

このページのトップに戻る

コメント

こんばんは~
発表会♪楽しそうですね~
このスノーボールクッキーは家でも良く作っていました。
息子は「ほろほろクッキー」って言ってましたっけ。

キングアンドアイ、私の好きなミュージカルの1つなんですよ。だから観劇したかったです。残念!

さて、ブログのコメント欄に残していただいた質問の件で、こちらを利用してお返事しますね。

私がこの前焼いてブログにアップした肉は、うちの近所にある、アルバートソンと言うFMと同じ様な食料品スーパーの肉です。ただし、パックのお肉ではなく、精肉カウンターで目方を量ってもらって買ったものです。スーパーマーケットブランドと1つ上のランクの肉とがあり、値段の差は1ポンドほどしか変わらなかったので、1ポンドで10ドル99セントの高い方のリブアイを買いました。確か49ドルくらいしたと思います。

私はちょっと贅沢なローストをする時は、ビル・ザ・ブッチャーで肉を買うんですよ。オーガニックの肉が手に入るし、羊の首肉なんかも頼めば買えるし、レドモンドの店は日本人が周辺にたくさん住んでいるから、薄くスライスすることも出来ますって言っていたし。(スライスは試したことはないけれど)

FMのお肉でも構わないのじゃない?当然ブッチャーで買う肉と違い、質も落ちるだろうし、硬いかもしれませんが、160度くらいの低温で、じっくり時間をかけて蒸し焼きすればそれでも柔らかく焼けると思うけれど。

ただし、温度計は準備しておいて、華氏160度になったことを確かめることをお勧めです。私もいつもは180度で温度計使わず焼いても、ブログに書いている焼き時間の計算方法で99%確実に焼けるのですが、温度を下げたらどれくらい時間がかかるかわからなかったので、ちゃんと温度計で肉の芯の温度を調べました。

ちなみに私、FMって結構以前は嫌っていたんですよ。QFCと系列同じみたいなのに、商品の質が悪い様に思うから。

けど、夏にキャンプに行った時、FMのTボーンステーキを買って行って焼いて食べたら、もちろん屋外で食べたってこともあるだろうけれど、結構美味しいお肉で、それまでみたいにやたらに嫌わず、ちょっと見直したのよね。(笑)

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。