トップ  >  スポンサー広告  >  スポンサーサイト  >  Everyday アメリカ生活  >  絶滅寸前動物救済基金集め Bake Sale for Endangered Animals

スポンサーサイト

--年--月--日

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年生バレンタインパーティー Valentine Party | トップページへ戻る | カラードグリーン Collard Greens

このページのトップに戻る

絶滅寸前動物救済基金集め Bake Sale for Endangered Animals

2011年02月15日





先週金曜日、学校から帰ってきた娘が「マフィンを作る!まだミックスはある?」と言いながらキッチンに入ってきました。クリスマスにもらったブルーベリーマフィンのミックスを出してきて、いくつ出来るか箱を読んだ後に電話をかけはじめました。「I got some, may be 12. How about you? What can you make?」一体何なんでしょう?


話を聞いたら、勉強していた絶滅危機に瀕している動物を救うためにお金を集めるのでBake Saleを仲良しの友だちと開くというのです。クッキーやマフィンを売って50ドル集まったらオセロットという中南米の山猫を一匹保護できるんだそう。そしてそのベイクセールは明日。え~、今から焼くの?「手伝って~」と娘が言うので、しょうがない。オセロットのためにクッキーを焼きました。娘はポスター作り。


翌日土曜日。バスケットボールの試合が終わってから大急ぎで友だちの家に集合。ベイクセールの準備です。
033_01.jpg


ポスターも仕上がりました。値段を付けるよりは、買う人に決めてもらって寄付を集めるという作戦でいくことにしたようです。
035_01.jpg


お菓子とおもちゃのレジも積んで、おつりの用意もできました。プレゼンテーションの練習もばっちり。
038_01.jpg


出発です。ドアを叩いて歩きます。子供だけで行かせられないので、私たちママチームも付いていくことにしました。
037_01.jpg


・・・ところが雨が降り始めました。土曜日のベイクセールは閉店。
040_01.jpg


翌日曜日は雨が止んだので午後から集合して基金集めの開始です。途中、商品をおやつにして一回休憩を取りましたが、3時間歩いて完売!集まったお金は152ドル!山猫、ペンギン、ジャガーをそれぞれ一匹ずつ保護できるほどお金が集まりました。ワゴンが空っぽになってよかった。
046_01.jpg



参加中!
にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

6年生バレンタインパーティー Valentine Party | トップページへ戻る | カラードグリーン Collard Greens

このページのトップに戻る

コメント

わぁ〜素晴らしい行動力!
娘ちゃんスゴイ!
いい仲間が集まると、大きなことが出来ますね。
みんないい笑顔♪

素晴らしい! 頼もしい! 
成功、おめでとう!!!
とってもいい経験だね。
私も買いたかったな(笑)。
山猫ちゃん、無事に保護されますように。

すごい!!自分達が勉強した事に自主的にやろうとなった訳ですよね? 
こういった行動は素晴らしいです。
私は値段が付いてなくて、自分自身で値段を決めるというのに自信がありません〜。いくらにしたら良いのか迷って結局買えなくなりそうです…お恥ずかしい

すごい寄付が集まりましたね〜。本当、すごい行動力。すぐにささっと参加できるママ達もすごいです〜。

コメントの編集

小さな頃から、こうして自分で何かに問題意識を持って、その問題解決の為に行動を起こす。本当に素敵なことですね!!日本でも、ほんの小さな子供ですら、ちゃんとゴミの分別の意識を持っていて、きちんと分別して捨てるそうです。アメリカと日本、お互いに手を取り合って、地球の為に良いことをどんどんと進めてもらいたいですね。

ミナトさん

そうなの。そうなの。いい仲間なんです。絶滅動物の勉強から色々なことを学んでいます。地理、環境汚染、貧困問題。そしてそれらの問題を解決する方法をみんなで考えたようです。

一人では何もできないけど、みんなで力を合わせれば大きなことができるということを実体験した週末でした。

BJママさん

シアトルの動物園は1日では回りきれないほどの大きさです。子供が小さい時はよく行っていました。車を気にせずに走り回れるから。息子が迷子になったこともありましたけど。

今回はプレゼンテーションが良かったのかみんな協力的でお菓子もよく売れました。車から買ってくれた人も。Bakingにちょっとお手伝いが必要だっただけで、全て子供が自主的にやりました。私も感心。

月海さん

Girlsの値段付けのディスカッションを聞きながら、なるほどと感心。安すぎても高すぎてもよくないとポイントを付いていたからです。

セールトークも上手で、いくら?という質問の答えに「Whatever you feel comfortable with to save endangered animals.」と答えていました。なるほど。

つんつんさん

すごく慌てた週末でした。週末の予定もあったし、そして何よりも本のコンテストの締め切りが。来週にしない?と何度もお願いしたのですが娘がNOって。自分達でするから大丈夫と。

昨夜、娘とオンラインで寄付をしました。その誇らしげな顔をみて良かったと思いました。


Ilha Formosaさん

本当に。問題は山積みですが出来ることからはじめようと思ったようです。その行動力が大切ですよね。

私も、先日の動物園の遠足からからジップロックバックやビニール袋の消費を減らそうと思いました。

アメリカの子供たちってすごいなぁと思います。
日本でこんな事考えられませんものね。
Talkerじゃなくて、Doerにならねば!

コメントの編集

Jillさん

募金といえば赤い羽根くらいですよね。なんだかかわいそうな雰囲気。それと比べるとアメリカの募金活動は明るい感じ。

でもしょっちゅうお金を払わされるので困ります。学校も資金不足。野球のオーガナイゼーションも。

こんにちは。
子供達&ママ達の行動力、すごいですね。思い立ったら行動に移さないと何も始まらないんですよね、見習わないと!!
バレンタインに娘とチョコクリスピーを作ってみました。が、私がお皿の下に紙を敷き忘れて。。お皿にくっついて無惨なクリスピーが出来上がりました(泣)けど、味はおいしかったです。また挑戦します!!

ちあきさん

そちらの小学生のバレンタインはいかがでしたか?チョコクリスピー、プレゼントされた人はどんな感想だったのか興味津々です。

娘の友だちはライスクリスピーに赤のM&Mでデコレーションして配っていました。美味しかった!

こんにちは。
残念ながらクリスピーは失敗してしまったので、パパとお兄ちゃんへのプレゼントし(笑)残りは私と娘の胃袋へ。お兄ちゃんにも大好評でしたよ。美味しいですよね〜カロリーが気になりますが。。。
娘の年ではバレンタインは男の子へではなく女の子に渡す友チョコが主流です。娘は市販のチョコをセロファンで包みキャンディの形にしてそれを結び合わせていきキャンディレイを作りました。M&Mのデコ良いですね!来年またクリスピーに挑戦します!!

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。